2006年03月26日

両津の教え

474 :おさかなくわえた名無しさん :2006/03/26(日) 18:30:41 ID:6S3C8x1N
お金の話が出たので私も一つ

あまりいい言葉とは言えないんだけど、目からウロコだったのが
こち亀の両さんのセリフ

「この札をよく見ろ!日本銀行 ”券” と書いてあるだろう?
つまりこれは映画の券などとなんら変わりない、
ある日突然 無効 となったらただの紙だ」

それまで、「お金は絶対不変で信頼出来る物」と思ってたので衝撃だった
「本当だ・・・確かに 券 と書いてある・・・」
そう考えて世界の情勢を考えてみたら、他国では国が発行している紙幣を信頼せず
金や宝石で蓄財してる、そういう人たちもいっぱいいた。

その後、ソ連がロシアに変わった頃に「今流通してる高額紙幣を全廃する」という
ニュースが流れ、財産のほとんどが紙くずと化してショック死したお年寄りの話を
聞くに及び、両さんの言葉を改めて思い出した。

両さんのセリフは極端で破滅的だが私には金銭に関して多面的に見る必要性を
教えてくれた、というお話。




posted by 管理人@ at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読み物(まじめ)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。