2006年05月07日

仕事人ミニチュアダックス♂4才

43 :おさかなくわえた名無しさん :2006/05/05(金) 23:00:08 ID:2cAiOoaY
友人夫婦宅の飼い犬(ミニチュアダックス♂4才)の武勇伝
友人夫婦はオートロックの無いアパートに住んでる。そのアパートは訪問販売員が良く来ることで有名
らしく、友人宅も何度もしつこい営業を受けてた。(どうやら訪問販売の元締めが同じらしく、目を付け
られた部屋は、様々な種類の訪問販売にあうらしい)
しかもタイミングの悪いことに、まだ子供が小さいので、奥さんは昼間家にいることが多かったので、
「あの家は昼間、女が一人だから狙いやすい」みたいな情報が販売員の中で回っていたようだ。

どうにかならないものかと悩んでた奥さんは、ある日、飼い犬のクセを生かした反撃を思いつく。
ある日、奥さんは訪問販売員を玄関に招き入れた。気を良くした販売員(売れないホスト風味)は、油断
して玄関に座り込み、浄水器のパンフレットを開き、効果も妖しい商品の説明を始めた。
すると、いつもはペット用の柵で奥の部屋に閉じ込められているダックスが、今日は柵が無い事に気付い
た。(わざと奥さんが柵を立てなかった)



44 :おさかなくわえた名無しさん :2006/05/05(金) 23:00:46 ID:2cAiOoaY
奥さんの「待て」の号令も無いので、無駄にフレンドリーはダックスは「ええ仕事しまっせ、お客さ〜ん!」
とばかりに販売員へとまっしぐら。いつもお客さんにするように、販売員の口を怒涛の勢いで舐めまくる。
こう言っては可哀そうだが、コイツはかなり口が臭い。具体的に言うとぺディグリー臭い。しかも生暖かい。
販売員も最初は笑っていたが、5分以上も続く「口撃」に、しだいにへこんでくる。しかも、コイツの口撃は
顔だけにとどまらず、販売員の手や手に持ったパンフレットにまで容赦無く降り注ぐ。パンフレットはもはや
ネトネトだ。その間、奥さんは「まあ、○○ちゃんたら」と微笑んでるだけで、全く止めようとしない。
徐々に追い詰められた販売員は、片手でダックスをブロックしつつ、もう片方の手でパンフレットを勧めよう
とするが、ダックスのテンションはとどまるところを知らず、「上がダメなら下があるやんけ〜!」と、今度は
販売員のスーツの裾に鼻先を突っ込み、足首を舐め始める。
この辺で販売員も根性が尽きたらしく、「またワンちゃんのいない時に伺います」と言い残し、すでにネトネト
のパンフレットを置いて消えたそうな。

ちなみにこの販売員は、二度と来なかった。さらに、他の販売員にも数回同じことを繰り返したら、ピタリと
訪問販売が来なくなったとのこと。なんか販売員の仲間内で「要注意な家」として認識されたらしい。
この販売員撃退ダックスは、その後、ジャーキー一袋や缶詰数個という報酬で、近隣の部屋にレンタル移籍され、
その撃退率は常に100%だったと言う。
posted by 管理人@ at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読み物(マターリ)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。